生の実感

人間は、死の淵に立ったときに大きく生の実感を得る。
死期が迫っている状況から、死を目前に感じる恐怖から。

しかし、人間は継続的に死の淵に立ち続けると、その状況に慣れてしまう。
恐怖を感じることもなくなり、生の実感が薄れてくる。
そうなったらどうすれば良いのか。

一度死ねば良い。